音楽

一度は聞くべき外国人アコギ
YouTuber 6+1選!【世界のギタリスト】

コンクリートの壁に立てかけられたアコースティックギター

海外の人はアコースティックギターで
どんな演奏をしているのでしょう。

この記事では、

YouTubeでアコギを弾いてる外国人の中で
再生回数100万回越えしてる(1000万回越えも!)

人から特にお勧めな5人と、

世界のギタリストを総合的に紹介してるチャンネルをまとめました。

お気に入りのアコギストが
きっと見付かります♪

Tobias Rauscher


パーカッシヴギタリスト。

世界中を飛び回りながら演奏活動していて、
そのためか”旅のせつなさ”を感じさせる曲が多いです。

ドラミング、タッピング、ハーモニクス、
多様な技術をバランスよく使いこなすお手本には持って来いの人。
TAB譜付きの弾き方講座動画も出してるので、勉強にもおすすめ。

Marcin


クラシック、かつロック。

名曲をギター一本にまとめ持ち前のパーカッシヴ奏法
繊細な速弾きでカッコ良く、ノリ良く仕上げて来ます。

演出に凝った動画作りをしていて
まるで映画を見ている様な気分になります。

Alexandr Misko


計算された指使いの
綺麗な演奏が魅力的なギタリスト。

アコギの枠に囚われない
自由な発想の持ち主で、

エレアコにエフェクターをかける
ハープ、ベース奏者とセッション

など色々なことに挑戦。

音感にも優れ、

弾きながらチューニングしたりと
様々な技を披露してくれます。

Lucas Imbiriba


情熱的でパワフル。

スペインチックな熱い演奏が特色、とにかく力で押して来ます…!

弾き語りもする
昔ながらのバンドマンを感じさせる人です。

Daria Semikina


落ち着いてて静か…、
聞いてるとリラックスします。

演奏に派手さはありませんが
飾り気のない曲をきれいに聞かせるのは案外むずかしいこと。

岸部眞明、押尾コータロー、
日本人のカバーも弾くので親しみやすいと思います。

Luca Stricagnoli


一人で何でもこなす、変則的なプレイヤー。

パーカッション、伴奏と旋律、時にはハーモニカ、ベースまで、
見てると頭がこんがらがりそうです…。

リズム感にも優れていて精密な演奏も魅力。

Candyrat Records


ギタリストの総合紹介チャンネル。

世界中からアコギ、エレキ問わず
100人以上の規模でミュージシャンとコラボ。

多様なギターの演奏動画をアップしてるので
一人くらいはお気に入りのプレイヤーが見付かるはず!

まとめ

みんな同じアコースティックギター
を弾いてるはずなのに十人十色でした。

音楽は外国の物もYouTubeで楽しめるから良いですね。

-音楽