ASMR

【百均からKU100まで】
YouTubeで良く見るASMR用マイク全まとめ

おすすめのマイクを購入してASMR配信をしているイメージ

YouTubeのASMR動画で良く見る、

有名なマイクをすべて
価格の安い順にわかりやすく解説します。

人気の機材のチェック、比較、種類の把握にご利用ください♪

の動画を参考にさせて頂きました。

百均マイク


最も安く手に入るのが百均のマイクです。
(動画で紹介されているのは300円)

ダイソーなどで売られていて
音質は最低クラス、

かろうじて心地よい音を録れます。

200円の物もありますが
ノイズがのってしまう品質なので

実質300円はASMRを始めるのに必要。

初心者の人のお試しに向いてます。

バイノーラルではありません。

イヤホンマイク(Apple製)


イヤホンマイク(イヤホンに付いている通話用のマイク)

の中で最も音質に優れているのが
Apple製のイヤホンマイクです。

価格は数千円とコスパ良く、

素人さんのYouTube初投稿ASMR動画で
一番よく見かけます。

耳かきで掻いたりマスキングテープを
貼って剥がすとゾワゾワする音を録れます。

人気が出たら機材にお金かけようかな
という風に入門者向きです。

もし配信者を諦めても
普段使いのイヤホンにできるのも強み。

バイノーラルではありません。

TASCAM


バイノーラル
(人間の耳の様に左右で別々の音を拾うこと)

で録ろうとすると
安いのも一万円はして来ます。

その中で、
音質も良くて人気なのがTASCAMです。

ASMR業界で特に重要なマイクなので詳しく書きます。

有名な、はとむぎさんも使っていた

優秀な低価格帯の
バイノーラルマイクです。

機種がいくつかあって、

DR-05X-07X-40Xの順に
価格と音質が上がって行きます。

オーディオインターフェイス付き

TASCAMの良い所は、

オーディオインターフェイス
(バイノーラルマイクをパソコンに繋ぐための機材)

を内蔵していることです。

通常は、

バイノーラルマイク+オーディオインターフェイス

の二つを買いますが

TASCAMなら
それ一つで済むので節約できます。

以下オーディオインターフェイスをAIFと略します。

耳付きマイクへの橋渡し

AIFその物としても使えます。
(05X、07Xはステレオミニ、40XはXLR接続用)

後で紹介する3Dio、SR3Dには
TASCAMをAIFとして繋げるので

TASCAMで配信活動を始めて、

マイクにお金をかけて
本格的な配信をすることになったら

AIFにする、という計画を立てられます。

マイクの接続方式には
ステレオミニとXLRの二つありますが

音質はほぼ一緒で
価格はステレオミニの方が安いです。

XLRはノイズに強い点で優れています。

上位機種

TASCAMの最上位機種がPortacapture X8です。

有名なCoromo Saraさんも使われた、

価格は5万円を超えますが
トップクラスの音質を持ちます。

機材の苦手な人にも
扱いやすかったり多機能なので

耳無しで良い人は
TASCAMで十分と思います。

Mu6 Lifelike 2

最も安い耳付きのマイクは、

バイノーラル録音のイヤホンマイクを
シリコン製の耳に差し込んだ物です。

上のマイクと、
下のイヤホンスタンドを組み合わせて作ります。

百均、Appleのイヤホンマイク同様
パソコンに直接つなげ、

AIF要らずなので初心者に優しいです。

音質はAppleと大差ありません。

左右それぞれの音、
耳を触る音を安く録りたい人向け。

マイクが耳の外に出ているので、

耳かきをしても
こもった感がしないのも残念…。

Type-C USB接続です。
(Lightningへの変換アダプタ付き)

Mu6 Lifelike 2公式マニュアル

Roland


Lifelike 2と同じバイノーラルな
イヤホンマイクがRoland CS-10EMです。

こちらはAIFを使う分、良い音がします。

音質は可もなく不可もなく
とても普通です。

耳付きのASMRを無難に始めたい人に向いてます。

ステレオミニ接続です。
(ファンタム電源が必要)

SR3D


耳付きのマイクでコスパに優れ、
音質も優秀なのがSR3Dです。

価格はステレオミニ接続で5万円ほど

3Dio(白)より安く
同じくらい高音質なので比較対象になります。

SR3Dの特徴は高い音を良く拾うことです。

耳かきをすると
刺激の強いしっかりした音を録れるので、

リラックスよりも
気持ち良くするASMRに向いています。

ガラスをタッピングすると
硬質のキラキラ音という風に

明るい音で配信できます。

一方、3Dioは落ち着いた音がします。

3Dio(白)

最も有名なASMR用のマイクです。

価格は10万円くらいするので
本格的に配信する人向け。

人間の耳に近い自然な音の拾い方をし、

どんな配信にも使える
バランスの良さを持ちます。

また他のマイクに比べ耳が大きめで

耳をいじる系の収録(オイルマッサージなど)
に便利です。

2種類あって、

一つはステレオミニ接続、電池駆動
価格も安めのFree Space。

もう一つはステレオミニ、XLR接続
両方に対応していて

ファンタム電源という
AIFから電力をもらう方式で

電池要らずのFree Space XLRです。

主な違いは接続方式だけで、

マイク本体は同じなので
基本的にFree Spaceを選べば良いと思います。

細かい仕様は3Dioの公式サイトに載っています。

DuoPop

安い3Dio(白)みたいなマイクがDuoPopです。

3Dioを少し粗くした様な音質で、
価格はSR3Dとほぼ一緒。

懸念点は環境ノイズに弱いこと、

DuoPopで録られた動画には大抵
パソコンのファンの音が入っています…。

綺麗に録るためには、

パソコンの代わりに
iPhoneを使うなどの工夫が必要になって来ます。

価格の割に
扱いの難しさは中級者向け、

という、ちぐはぐ感のあるマイクです。

きちんと使えば良い音を録れます。

ステレオミニ接続です。
(Amazonの説明欄は誤植と思われます)

Headrec BINAL 2

優しくこもった音を録れるマイクです。

鼓膜の位置が深めの耳の構造で、
(こもって聞こえるのは恐らくこの為)

指耳かきするには小指しか届きません。

梵天と相性が良くて
聞いてると安心して眠れます。

失敗しても痛い音が出づらい長所と、

刺激的な音が出しづらく
物足りない…、短所を持ちます。

価格は3Dio Free SpaceとFree Space XLRの間
SR3Dに続いて注目されています。

XLR接続です。

3Dio(黒)


3Dio Free Space(通称”白耳”)の上位機種が
3Dio Free Space Pro Ⅱ(通称”黒耳”)です。

音の特性は白耳と同じまま
音質だけを向上させた聞き心地です。

かなりリアルに録れるので、

耳だけ配信者さんと一緒の空間にいる
錯覚に陥ります。

価格は30万を超えて来て
一般人にはこの辺りが限界。

黒耳の購入を目標に頑張っている人は多いです。

KU100

100万円する最高級のバイノーラルマイクです。

空気の微細な震えも感じ取れる高音質、
ASMRをとことん楽しめます。

マイクから離れた位置にも敏感で、

炭酸、泡をかき混ぜる音を
クリアに聞けるのはKU100ならでは。

短所

高音質過ぎる

聞いてて一番思うのは「耳が疲れる…」、です。

配信者さんの腕前にも依りますが

良く聞こえるが為に耳への負担も大きく、
始めは心地良くても段々辛くなって来ます…。

普通のマイク以上に繊細さを求められます。

マイクの形状

3Dioより小さめの耳なので
耳をいじる系の配信はしづらいです。

重量が3.5kg、人間の頭と同じ大きさは
かさばります。

膝に乗せて耳かきするのも大変です。

ダミーヘッド

それでも頭の形にするのは、

鼓膜に届く前に音は
体の色々な所に当たり変化するからです。

なるべく現実に近い聞こえ方にする
試みがダミーヘッドです。

音の方向感覚

また、この変化は前後、上下の
音の方向の理解に関係すると言われています。

参考:日本音響学会「音のなんでもコーナー」

科学的に未だ曖昧ですが

どの方向から囁かれているか
分かるかも知れません。

配信の幅が広がる

頭をタッピングしたり、

ウィッグを被せてヘアカット
シャンプーもできます。

レンタルも高い…

スタジオに行くと
レンタルしてもらえますが、

1時間で一万円の世界…。

音声作品の収録に利用して
売り上げを見込めるなら良さそうです。

-ASMR