その他

ブログ用に中国ブランドRosdecaのデジタル
カメラを買った結果…。(口コミ、評価)

カメラとコーヒーと文房具

ブログに載せる写真を撮りたくて、

Amazonで中国ブランドRosdecaの
デジタルカメラを買った結果どうだったか

良い点と悪い点の両方から感想を述べたいと思います。

総合レビュー

今回、私はこのデジカメを買いました。(定価9千円)

まず大雑把に言うと、
「被写体から距離を置いて撮影できる時には良いカメラ」でした。

それと言うのもこのカメラ、
ピントを調節する機能が付いて無かったのです…。

オートフォーカス、マニュアルフォーカス共になし

ピントは中くらいの距離に固定式、
近距離の撮影にはまず使えません…。

良くも悪くも中国製、安い代わりにどこか抜けてます。

でも距離をとって撮影できるなら綺麗に撮れるので
大人には役不足で子供用なら十分すぎる性能、が私の評価です。

あと気になる点としては
暗い所で撮ると画質が荒くなりやすいです。

多分フラッシュが弱いみたいで、
光量を確保して撮影する必要があります。

付属品は下の写真の通りで、

Rosdecaのデジタルカメラの内容品
  • デジカメ本体
  • 取扱説明書、保証書(1年)
  • 32GのSDカード(ブランドはElite pro)
  • USBケーブル(Type-A)、充電用プラグ
  • バッテリー×2
  • デジカメ用のストラップと袋

です。
必要な物はすべて揃ってて、すぐに使い始められるのは好印象。

ここから先はデジカメで撮った写真を交えつつ、
良かった点と悪かった点を具体的に書いて行きます。

良い点

一番良かったと思うのは画質の綺麗さです。
紅葉だったり(画像はクリックで拡大できます)

秋のもみじの写真

秋の空を、

秋空と林の写真

きれいに撮れました。
商品の宣伝通り高画素を感じられます。

16倍ズーム機能を試したのが下の2枚の写真、

紅葉した木の写真

紅葉した木の写真の拡大図

ズーム後も綺麗。

ビデオ撮影もしてみました。


どのモードで撮っても綺麗なのは
このデジカメの良い所だと思います。

悪い点

悪かった点は
ピントを調節する機能が付いてない、これに尽きます…。

道に咲いてた小さな花も、

道に咲いていた花の写真

草も、

道端のおしゃれな草

近くで撮るとぼやけてしまいます。

このカメラ、中くらいの距離にピントが固定されていて
距離をあけた撮影なら綺麗に撮れるのですが
近距離で撮ると写真がぼやけます…。

被写体から 30cm以上(最短撮影距離)
離れて撮ってもこうなるのでカメラ自体に問題があります…。

ブログ用に美味しいご飯の写真のアップを考えていた
私にとってこれは絶望的…、

手で届くくらいの距離にある物はぼやけて写ります。

Amazon のレビューを下の方まで読んだら
焦点(ピント)は固定であることを書いてくれてる人がいました。

RosdecaのデジタルカメラのAmazonのレビュー

買う前の私に読んで欲しかったです…。あとは、

  • 取扱説明書が不親切
    (撮った写真の閲覧方法すら書いてません…)
  • 充電中は電源がONになる
    (OFFにしたくてもできません…)
  • すぐ充電切れになる
  • 起動音、シャッター音を消せない(音量は下げれます)

も気になる点です。

まとめ

ピント調節機能と使いづらさに目をつむれば、
綺麗に撮れる良いカメラです。

安さを求めて1万円以下のデジカメを買いましたが、

調べてみたら低価格のデジカメは
2022年の今どれも機能が残念だそうです。

反対にスマートフォンのカメラは
どんどん高性能になってるらしく、

よほど本気(一眼レフで撮影するぞ!みたいな)でない限り
写真を撮りたい人はスマートフォンを買うべきらしいです。

デジカメに囚われてしまったのが失敗でした…。

追記


にこスマ という中古スマートフォン販売店で
Xperia、Galaxyが5千円で売られていることを見付けました。

OSが古すぎて通常の利用は難しいですが
私の目的はカメラ機能なので問題なし。

むしろ、電子書籍、音楽を持ち運ぶために使えるので
9千円のデジカメをなぜ私は買ってしまったのか…。

特に、iPhone、Xperia、Galaxy
の3機種は写真撮影で優秀なそうです。

こちらを買うべきでした。

-その他