※Amazon、楽天などアフィリエイト広告を利用しています。

学校

なりたい職業がない時の大学の選び方
【自分の得意を見付ける事がコツ】

おしゃれな、勉強ノートとペンが3本

高校生の間はまだなりたい職業がない、
自分の将来が良くわからないものだと思います。

この記事では私の就職活動の経験を基に

なりたい職業がない時どう大学を選ぶと、
やりたい仕事に繋がるか説明します。

得意を磨けるところを選ぶ

結論から述べると、

自分の得意を磨けるところを選ぶ

が最善策です。

「将来○○になりたいから
 ○○の育成に力を入れてるA大学に行くんだっ!」

みたいにはっきりと決まってるのが理想ですが、
そこまで見据えて動ける人は稀でしょう。

なのでどうするかと言うと、
大学でひたすらに自分の得意を磨きます。

得意を磨くといつかは
”スキル”と呼べるものに育ちます。

ひらめいた男子学生

仕事をする時に必要になるのは結局はスキルです。

  • お医者さんはケガや病気を治すスキル
  • 学校の先生は勉強を教えるスキル

職業に就けるかはスキルを持ってるか、です。

自分の得意に関連する仕事なら
きっと楽しいですよね。

得意な事なんてない…

国語の得意な人は文系の大学、
理科の得意な人は理系の大学に行けば大丈夫です。

「でも自分には得意な事なんてない…」

と落ち込む人もいるかも知れません。

実は”他人に優しくできる”とか、

”大きな声を出せる”みたいな
ちょっとした特技も仕事に繋がります。

他人に優しくできる人は看護系の職業に。

声の大きな人はアルバイトや営業、
コミュニケーションの大事な仕事で活躍できます。

ゲームが得意、ですらYouTuber
プロゲーマーへと結び付きます。

自分を見つめ直して
何か一つ得意なことを見付けてあげてください。

みんなが行く所にこだわり過ぎない

得意を磨くには
みんなと別の大学に行くことも必要になって来ます。

みんなと同じ所は安心感がありますが、

目的を持たず大学に行くと宙ぶらりんに
ただ面倒な授業を受けるだけの日々になります。

勇気を持って自分の道を選ぶことを、お勧めします。

また自分に合っていれば
専門学校、短期大学も視野に入れましょう。

(余談)銀行の面接

私が某銀行の面接を受けに行った際の話です。

  「大学で一生懸命、数学を勉強しました」
面接官「高校数学が分かってれば十分ですよ」

今の銀行はマニュアル完備で、

それに従っていれば
大学で勉強したことは不要だそうです…。

学力は就職において、
そこまで大事で無くなって来てます。

なので学力のことを気にして
専門学校行きを躊躇しなくても大丈夫です。

若さが就職における最大の武器(まとめ)

新しく芽吹いた若葉

就職活動をしてて一番思うのは「若さが最強」です。

私は大学院でたくさん勉強して、
他の人より年を取ってから就職活動しました。

すると面接の時、始めは私の学歴(京大卒)
を聞いて好印象を持たれますが、

私の年齢を聞くと
残念そうな顔をされてしまいます。

学歴よりも若くて、これから
成長してくれそうな人を採用する傾向にあります。

なので、
なりたい職業が高校生でまだ決まってない人は

自分の得意を大学で伸ばして、
スキルと若さを持って就職活動すれば

きっと一つは望みの仕事に辿り着けるはずです。

-学校